サンノゼダウンタウンのレストランのお得なプロモーション

こんにちは。シリコンバレー不動産です。

サンノゼのダウンタウンで約100軒のレストランが屋外でのダイニング、およびテイクアウト事業のために営業を再開しましたが、そのターゲットである客の内、数千人は公共役所のスタッフ、サンノゼ州立大学の学生と教職員、およびハイテク企業、銀行等の従業員は、このコロナの影響で自宅から仕事をしています。そして、通常集客が見込まれる劇場、コンサートホール、美術館等は閉鎖されたままです。

そこで、サンノゼダウンタウン協会は新しいプロモーションを始めました。協会は毎年恒例のお得な食事のプログラムを実施しているのですが、今年のは DineDowntownバージョン2020と呼ばれ、コロナウイルスの年に合わせたプロモーションです。このハイライトは、ダウンタウンの拡大したストリートダイニングで屋外で楽しむことができる食事と軽食です。 喫茶店も参加しています。そして、従来よりもずっと期間が長く、11月15日までの6週間にわたって実施されます。

色々レパートリーに富み、月曜日と水曜日のサウスサードストリートにあるNest Asian Bistroでの77セントの骨なし手羽先から、ノースマーケットのTikiPeteでの45ドルのマルチコースハワイアンシーフードとソーセージまで多岐にわたります。他のカジュアルダイニングには、ファウンテンアリーの新しいMakiBQ、SoFAマーケットのハワイポークボウル、サウスファーストストリートのキューバメックスサンドイッチショップ、ダウンタウン全体にある5つの地元所有のコーヒーハウス/カフェ(アカデミックコーヒー、ペーパームーンカフェ、パステラリアアデガ)等が含まれます。リトルイタリー地区では、中庭のパティオを備えたレストランとワインバーのエノテカラストーリアが この期間に特別メニューを提供しています。少なくとも3つのサンペドロスクエアレストランがプログラムに参加しています。 ファーマーズユニオンは3つのコースを復活させ、プロモーションで30ドルで提供しています。「サンペドロストリートが屋外での食事が可能になった今、少しずつ客も増えています。 この勢いを維持し、サンノゼのレストランがダウンタウンの空間に息を吹き返す手助けをしたいと思っています。」とは店主たちの声です。

DineDowntownの詳細はこちらのリンクから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です