各シリコンバレー企業 人種間の平等促進の為の方策打ち出す

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

全米規模で人種問題への抗議活動が行われている中、クパチーノに本社のあるアップルやマウンテンビューに本社のあるグーグルなど巨大テクノロジー企業から玩具メーカーのハズブロまで各企業が人種間の平等促進の為の新たな方策や構想を発表しました。

アップルは、その方策のため1億ドルを拠出すると発表し、教育、経済的平等、刑事司法制度の改革に投資する目的で、有色人種の人々の雇用機会を増やすことも目標にしているということです。

グーグルは、黒人リーダーシップ職の人数を増加させるための新たな目標を設定しました。そして人種間の平等促進に関連するビジネスに対して1億7500万ドルを資金援助する事も発表したそうです。

そしてスターバックスは「Black Lives Matter」を含む社会的スローガンが書かれたTシャツ25万枚をアメリカ及びカナダの店舗で働く従業員に配布すると発表しました。

人々が企業に求めているのは、その強い影響力を足がかりに、必要とされている大きな構造変化のためにロビー活動を展開することなのだという記事もでていました。なぜなら、アメリカの法律はロビー活動によって作られているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です