ソーシャルセキュリティー番号

こんにちは。

シリコンバレー不動産 です。

本日はソーシャルセキュリティーカードに関する情報をお送りいたします。

アメリカのソーシャルセキュリティーナンバー(Social Securite Number)とは社会保障制度の番号であると Wikipedia で説明されています。

元々は税金を徴収する目的のためにあった番号ですが、近年は事実上の国民識別番号になっています。略称は SSN と呼ばれていて、9桁の数になります。

アメリカでは戸籍制度がないため、この SSN が個人を証明するIDになり、アメリカで生活する上でとても大切です。

運転免許の取得、銀行口座の開設、アパート契約、携帯電話の契約時のほか、一般電話契約や電気、ガス、水道などのユーティリティー契約時にもソーシャルセキュリティナンバーを聞かれることがよくあります。これは、発行された人物以外番号を知らないようになっている、と想定されているためです。

ソーシャルセキュリティナンバーは身分証明にもなる大切な個人情報なので、厳重な管理をお願いします。

通常アメリカの人は、番号を覚えておいて、カードは(カードといっても、うすい紙一枚で、写真もありません)家に保管をしています。

いろいろな手続きをする際にもSSNが必要になりますが、カードを見せることはありません。

書類に9桁の番号を書くのみになります。まずは、SSNがきたら、9桁の番号を覚えましょう。

SSN関連の詐欺も増えています。 ←詳しくはこちらをクリック

「あなたのソーシャルセキュリティー番号がブロックされました。新しいSSNに変えなくてはいけません。お客様の確認の為、あなたのSSNを教えてください」といったような内容でSocial Security Administrationのスタッフを装って、電話をしてきます。

先日のブログで説明をしたように、アメリカの政府関係は書面通知方法をとっていますので、まず電話連絡はほとんどありません。詐欺と思いましょう。また、書面できても、きちんと宛名に名前がなく、Dear TAX Payerなどになっている場合は、これも信じないようにしてください。

シリコンバレー(サンノゼ、パロアルト、マウンテンビュー、サニーベール)に赴任がお決まりの方、ぜひ シリコンバレー不動産までご連絡ください。

Why we do more!
単なる物件探しだけでないサービスをします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です