ベイエリア・シリコンバレーでの学校転入について

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

前回に引き続き、本日のテーマは公立学校についてです。

お子様連れで赴任されるご家庭において、一番気になるのは、お子様の学校の事。

クパチーノ、サンタクララ、サンノゼ、パロアルト、マウンテンビューという市にそれぞれ学区があります。


渡米前のお客様とのヒヤリング又は、メール上のご要望では、

「〇〇エレメンタリースクール」に入れたいので、そこへ通える物件がいいです」と、言われる事が多々あります。

ですが、アメリカの公立学校の場合、一番日本と違うことは、定員があると言うことです。

学校の転入する学年に空きがないと、結局転入できません。

空きがない場合は、同じ学区内の別の学校へ回されます。

物件を探す前に学区を選ぶことは必要ですが、残念ながら学校は学区へ転入の手続きをしてからでないと、決まりません。


また、申込みの時点では、その学校が定員オーバーしているかも教えてくれないのが殆どです。

学区内の学校が平均的にレベルがいい学区を選ぶことが重要になります。

例えば、クパチーノ学区、パロアルト学区、の場合、ほとんどの学校がよいレベルですのでどこへ回されても安心ができます。一方、マウンテンビュー学区や、サニーベール学区などは、レベルのよい学校とそうでない学校が混合しているため、注意が必要です。


Why we do more!

単なる物件探しだけでないサービスをします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です