カリフォルニアにおいて賃貸市場競争率が高い地域

こんにちは、シリコンバレー不動産です。

シリコンバレーでは、どれほど賃貸競争が激しいのか、先日San Jose Spot Lightという情報サイトにでていましたので、お伝えします。

Rent Cafe(全米のアパートリスティング会社)のリサーチによりますと、

シリコンバレーでは、平均15名がアパートの空き部屋を取り合っているとのことです。

アパートの稼働率は95.6%とかなり高い数値となっています。

アパートのストック(空き部屋や新規アパート等)の伸び率が、昨年より0.3%ほどで横ばいとなっており、供給が全く追いついていない状態です。

日本からこられる駐在員の方に、この状況を少し説明させていただいても、多分はじめはピンとこない方が多いのが現状です。もちろんですよね。東京などとは全く状況が違います。

気に入った物件があっても、「少し考えます」とおっしゃられて、数日考えてしまうと当然その物件は、申込みをするときには他の方に取られてしまっています。なんてったて、平均15名で競っているわけですから。。。

サンノゼは全米の中でも賃料が高いトップ10に入っています。

2ベッドのアパート賃料の平均が$3501です。

この賃料が払えるには、年俸$122,040が必要だそうで、時給に換算すると$58,67。

2021年5月の調べでは、サンノゼの平均時給が$47,81だそうで、これだけの年俸があっても、一人の収入でアパートを借りるのは大変な状況です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です