物件探しの前に準備する書類について

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

3月、4月は日本から駐在員様がたくさんいらっしゃる時期です。

そこで本日はサンノゼ・クパチーノ・パロアルト・サンマテオなどで一戸建てやアパートの物件探し前に準備しておく物についてご紹介をさせていただきます。

「貸し手市場」である以上、物件を探しに行き始める前に、必要書類を用意していくことが必須です。

書類を用意しておけば、気に入った物件があればすぐに貸し手に、アプリケーションを提出することができます。供給が以前にも増して少なく、コロナが始まってから競争も激しく、1日でも早く申し込みをいれる必要があります。

*準備しておくもの

*身分証明書(パスポート)

* 雇用証明書  英語でこちらでの所得金額が記入されたもの

*アプリケーションフィ- (大家によって異なるが$30~50)

*デポジット= 日本の敷金にあたり、退去時に家賃の滞納や、直す場所がない場合、返還される。(大体お家賃約1ヶ月分から2.5ヶ月分)

敷金にあたっては、コロナが始まって以来、多めに請求される場合が多くなりました。

雇用証明書は、会社から必ずもらっておいてください。弊社サービスご利用の方は、英語の雇用証明書のテンプレートを用意しております。

シリコンバレー(クパチーノ、サンノゼ、サンタクララ、サニーベール)に赴任がお決まりの方、ぜひシリコンバレー不動産 までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です