銀行で覚えておくと便利な英単語

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

今日は、銀行関係の覚えておくと便利な英単語です。

光熱関係の費用の自動振込の手続きをする時などに必要となるのが、下の2つの番号です。

まずは、銀行口座番号。

日本では、通帳があるので、通帳の中に口座番号がかかれています。

口座番号=account number (アカウント ナンバー)

アメリカの場合は、通帳がないので、どこに書かれているか迷うことがありますが、口座を開いた時にもらった書類に書いてあります。又は、毎月Statementが銀行から送られてくれば、その右上当たりに書いてあります。

銀行コード=Routing number(ラウティング ナンバー)

アメリカでは銀行支店コードは、あまり使いません。自動振込の手続きなどで使うのは、銀行コードです。

各銀行に番号があります。

こちらは、大体ネットで調べられます。

「バンクの名前とRouting number」と打って検索すると出てきます。

ちなみに、シリコンバレーでほとんどの駐在員様が使ってらっしゃる

Union Bank Of Californiaのラウティングナンバーは、 122000469になります。

銀行でよく使う英語

deposit money お金を預ける

withdraw money お金を引き出す

PIN number  暗証番号

Balance 残高

この言葉を知っていれば、銀行で英語を使うのもそう大変ではありません。

また、Union Bank様では、日本人のスタッフがいらっしゃる支店がありますので、そちらを選ばれると便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です