コロナで労働者が不足でアメリカ規制緩和

こんにちは。シリコンバレー不動産です。

オミクロン拡大とクリスマス休暇で、アメリカではここ2年(コロナができてきてからすでに2年もたちましたね。。。)で最高の新規感染者数です。

シリコンバレーのあるサンタクララカウンティーでも、昨年の冬の約3倍にもなっています。

日本でも、新規感染者数が拡大。よって、より厳しい水際対策、まん延防止などを再度適用することになりました。しかし、アメリカでは、その逆で、感染者数が拡大したことによって、労働者不足になり、規制を緩和している状況です。

コロナ陽性者の隔離期間を短くしたり、濃厚接触者もサンタクララカウンティーではワクチンとブースターを摂取していれば、縛りなく通常の生活をしていいことになっています。コロナ検査はしてくださいというルールはありますが、結果を待たずに学校や仕事に行っても良いとされています。

サンタクララカウンティーの1月21日現在の隔離ルール

感染者拡大のピークはすぎたようですが、外出の際には、まだまだ気をつけたほうがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です