アメリカ健康保険が複雑すぎる。。。

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

アメリカに来たらアメリカと日本の保険制度が違いすぎて、これが一番のカルチャーショックになるのではないか?と思われます。

医療費が高い!というのは、さておき、保険のシステムが複雑すぎて、、、分かりづらいのです。とりあえず覚えていてほしいことの1つ目は、保険の種類です。保険会社はたくさんありますが、HMOとPPOという2つの保険があります。

簡単にこの2つの違いを説明すると、HMOをお持ちで病気や怪我をした場合、お持ちのHMOの保険がカバーする、かかりつけ医にまず診てもらわなくてはいけません。皮膚科に行きたくても、耳鼻科に行きたくても、まずはこのかかりつけ医を通して、保険ネットワーク内の専門医に紹介状を書いてもらって、専門医に診てもらえるシステムになっています。

PPOの場合、自分で医師を選んで診てもらえます。保険ネットワーク内のお医者さんに診てもらう場合、規定された額が保険でカバーされます。ネットワーク外のお医者さんに診てもらう場合、ネットワーク内より少なくなりますが、カバーされることもあります。(全くカバーされない場合もあるので、気をつけてください。)

とりあえず、自分の保険がそのお医者さんに診てもらった際にカバーするかどうかを確かめてから、その医師にかかることが大切です。さもないと、すごい高い医療費の請求が後々自宅へ送られて来ることになりかねません。

また、なにがカバーされているのか、プランによってまちまちです。これも複雑すぎて、無料だと思っていた検査の費用が後々請求されることもよくあります。

保険会社に電話すると、「あなたのプランではそれはカバーされていないわよ」と言われておしまいになることも。。。

アメリカのこの健康保険システムを考えると、日本のシステムには本当に感謝しかありません。保険の毎月の支払いもアメリカより安く、どこの病院へも行けて、負担割合も決まっています。

保険のプランによって、カバー額、カバー範囲が随分と違ってくるので、会社で健康保険のプランまたは種類の選択がある場合には、よく説明を読むことが必須です。

シリコンバレーへ赴任したら、まずは健康保険の選択をじっくりして、かかりつけ医をネットワーク内で探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です