Fair Housing law フェアー ハウジング  ~サンノゼ駐在生活を楽しむ~

こんにちは。

ベイエリア全域(サンフランシスコからサンマテオ、パルアルト、マウンテンビュー、サンノゼ)で駐在員様への住宅を斡旋している、シリコンバレー不動産です。

内覧ツアーをしていると、お客様が

「日本人は、どれくらい住んでいますか?」と、

アパート管理会社へ聞かれる方が多くいらっしゃいます。

アパート管理会社は、

「それについては、答えられません。」と、答えます。

アメリカでは、移民が多くいるため、どこの国の人がどれだけいるという情報を伝えるのは、不動産の法律で禁止されています。

差別や、偏見からテナント側を守る為に、オーナー側は、出身国、宗教、既婚など、聞いてはいけませんし又、日本人は家のアパートに何人住んでるよという情報は、伝えてはいけないことになっています。

これは、フェアー ハウジング アクトという法律があるためで、この法律は、テナント側を守る為のものです。

借り手に均等な住宅機会を与える事を記した法律です。

人種や宗教については、カリフォルニアでは、とてもデリケートな事なので、相手には非常識に思われる事もありますので、この点だけは、気を付けて生活して頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です