ベイエリアのホテルがホームレス住宅に改造

こんにちは。シリコンバレー不動産です。

California’s Project Homekeyと呼ばれるプロジェクトは、サンタクララ群のミルピタス市にあるエクステンデットステイアメリカホテルをホームレスのための恒久的な住宅に変えることを計画しています。

カリフォルニア州住宅コミュニティ開発局は、地方自治体がホームレスとその家族を収容するためにホテル、モーテル、空いているアパートや住宅介護施設を修復するのを支援するために、今年末までに5億5000万ドルを割り当てる予定です。最新の割り当て金、総額2億3600万ドルは、12の地方自治体が州全体で1,810の新しいユニットを確保するのに使われるということです。

このプロジェクトは1000 Hillview Ctにある146室のエクステンデットステイアメリカをホームレスが住むための132戸のアパートにリモデルする事を支援しまするものです。新しく生まれかわったアパートの名前はヒルビューコートとなります。

サンタクララ郡はProject Homekeyの開発に約3,000万ドルを受け取るということです。コントラコスタ郡、アラメダ郡の一部、サンフランシスコ郡を含む他のベイエリアの都市や郡も、ホテルをホームレス向けの恒久的な住宅に造り変えるための資金を受け取るそうです。

コロナの影響でホームレスが増加しています。このようなプロジェクトがどんどん増える気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です