防災バッグに入れておくべきアイテム

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

緊急時に備えて準備するということは、緊急事態や災害の際に必要となるかもしれない適切な物資を備えていることを意味します。 必需品は、持ち運びに便利な防災バッグに入れて、自宅で使用したり、避難する必要がある場合に備えて持ち歩いたりできるように準備しておく必要があります。

シリコンバレー近辺でも最近山火事が頻繁に起こり、サンタクルーズやモーガヒルに住んでおられる方で避難を余儀なくされた方もいらっしゃいます。私たちは大丈夫と思わず、常に防災バッグを用意しておくことがいかに大切かを強く感じました。今日は赤十字社からの情報をお伝えします。

少なくとも、以下の基本的な備品が必要です。 

1.水:1人1日あたり1ガロン(避難には3日間、家庭には2週間)

2.食料品:保存の効く食品で、準備が簡単なアイテム(3日間の避難用、2週間の家庭用)

3.懐中電灯(手動クランク式でつくタイプ)

電池式または手動ラジオ(可能な場合はNOAA天気ラジオ)

5.予備のバッテリー(赤十字ストアで入手可能な物と同様のアイテム)

6.デラックスファミリー応急処置キット

7.薬(7日分くらい)と医療品

8.多目的に使える道具

9.衛生および個人用衛生用品

10.個人文書のコピー(薬のリストと関連する医療情報、住所の証明、不動産証書/賃貸契約書、パスポート、出生証明書、保険証券)

11.充電器と携帯電話

12.家族および緊急連絡先情報

13.予備の現金

14.緊急用毛布

15.エリアの地図

あったらいいと思われるもの

  1. 医療用品(眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器など)
  2. ベビー用品(哺乳瓶、粉ミルク、離乳食、おむつ)
  3. 子供向けのゲームとアクティビティ
  4. ペット用品(首輪、鎖、身分証明書、食料品、キャリア、ボウル)
  5. 車の鍵と家の鍵の予備のセット
  6. 手動缶切り

この機会に是非準備しておかれたらいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です