シリコンバレーのホームセンター

こんにちは。 シリコンバレー不動産です。 本日はアメリカのホームセンターについて紹介したいと思います。ホームセンタ―といってもDIY とプロの両方のお客さんをターゲットに、ホームインプルーブメントやリフォーム用の資材などを売っているので、日本でいうホームセンターよりはずっと大がかりで 日本とは比べものにならないほどの品揃い。屋内外の照明やドアノブやキャビネットの取っ手などの小物から、流し、台所、棚、化粧台、窓、キャビネット、タイル、ドア、雨戸、園芸用品や配管設備まで、家を建てるためのものなど、何でも揃っています。 こちらシリコンバレーには全米展開の大型のホームセンターが2つあります。The Home Depot (ザ・ホーム・デポ)とLowe’s (ロウズ)です。Home Depot の方がプロの方の出入りが多く、Lowe’s の方は生活家電も充実していて より一般のお客さんをターゲットにしている気がします。 アメリカ人は自宅のメンテナンスに非常に関心が高く、設備をアップグレードしたり、内装をキレイに手直ししたり、庭を美しくメンテナンスして、いざ住宅を売却するとなった時には、買い手に「ここに住んでみたい!」と思わせることで売値をあげれるということもあります。日本のように「新築は売れた瞬間から値下がり、手を加えれば加えるほど値下がり」ということはありません。アメリカのお父さんたちはちょっとした修理や改造は自分でやってしまうという方が多いです。 コロナでロックダウンの間も、これらのお店は必要不可欠事業としてずっとオープンしていました。家に閉じこもっている間に庭や家のプロジェクトを始めようと、ソーシャルディスタンスを守りながら週末は長い列ができていました。 オンラインでオーダーしてピックアップもできますし、大きな商品の運搬のためのトラックの貸し出しもやっています。 The Home Depot はサンノゼ市には12店舗、キャンベル市 1店舗、クパチーノ市にも1店舗 サンタクララ市1店舗、サニーベルにも1店舗あります。 そして Lowe’s はサンノゼに2店舗、サニーベルに1店舗 フリーモントに1店舗あります。 初めて来られたらそのスケールの大きさと品揃えの豊富さにきっと驚かれるでしょう。各売り場にいろんなサンプルが置いてあって、見て周っているだけでも楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です