シリコンバレーでもコロナ渦による経済規制措置が一部緩和

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。本日はベイエリアでのコロナ感染拡大に関する新しいニュースをお知らせします。

サンタクララ群の記者会見で、コロナ感染拡大を防ぐ為の経済規制措置の一部緩和が発表されました。

5月4日に建設業、屋外のアクティビティについて緩和され、22日にも多少の緩和がありました。その後も感染者数・死亡者数ともに減少傾向にあり、医療機関にも余裕ができてきたと報告があるため、今週金曜日、6月5日よりさらなる緩和を進めるということです。

小売業の店舗も営業OKとのことになっております。

細かい詳細はこちらのリンク先へ

ただし、Social Distancing Protocolsの基準を守っていること、それを店頭に表示すること、客も従業員もマスク着用などで守られていること、などが必要です。

コミュニティのみなさんには、(1)公共の場(スーパー、小売店など訪問時)のマスク着用、(2)ソーシャルディスタンス、(3)積極的にテストを受ける、ことを引き続き守ってほしいということです。(シリコンバレーのあるサンタクララ群ではマスクは義務付けられてはいませんが、新しい「常識」として受け入れてほしいと言ってました。)お店によってはマスク着用してないお客様の入店拒否をしているところが多くあります。

一部緩和になったとは言え、自宅待機命令等は継続されており,多くの保健当局関係者等が,感染は続いている上,経済等の再開に伴い更なる悪化を引き起こす可能性も示唆していますところ,引き続き感染予防に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です