賃貸している家が売りにでる!!!???

こんにちは。

シリコンバレー不動産です。

たまに、

やっと赴任1~2年後の落ち着いて来た頃、契約更新の際に「◯ヶ月後に売りに出したいので、引越して下さい。」と大家さんに言われる方がいます。

これは、個人オーナーの一戸建てやタウンハウス、コンドミニアムの弱みです。

念のため物件を選ぶ時に、過去数年で売り買いが激しい物件はリストから抜かしていますが、こればかりは、予測が難しく、3つの物件タイプにおいては不利な点です。

子供たちもやっと学校でお友達ができた所、家を売るといわれると、とても辛いですね。

もともと空き物件が少ないので、同じ学区内で物件を探すとなると、本当に選択枠が少ないので物件探しがとても難しくなります。

こんな時には、どうしようもないのですが、

2つの点で知っておいて欲しいことがあります。

注意事項

まず、大家は、60日前に、契約書の変更をテナントへ伝えなくてはいけない事になっています。

ですから、

契約終了60日前までに書面にて「家を売るので、出て下さい。」と伝えなくてはいけません。

また、家を売るために、家の物件の中を希望の買い手に見せる為には、

24時間以上前に書面でテナント側へ知らせる必要があります。

その知らせがなくて当日朝電話にて

「今日、午後3時に家の中を見せるので、よろしくね!」

と、言われたら、テナントには断る権利があります。

ただ、メールで送られてきたのに、読んで無かった場合は、これはテナントのせいになり、当日勝手に鍵をあけて大家が中に入れる事になっていますので、ご注意を。

以上の事は、テナント側の権利ですので、覚えておくとたまに存在する悪徳大家に対抗できます。

例えこのようなケースが起きた場合でも弊社ではしっかりサポートさせていただきますので、ご安心ください。

シリコンバレー(クパチーノ、サンノゼ、北サンノゼ、サンタクララ、サニーベール)に赴任がお決まりの方、ぜひシリコンバレー不動産 までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です