トリック・オア・トリートの仕組み

こんにちは。 シリコンバレー不動産です。

今年もハロウィンの季節がやってきましたー!!

ハロウィンといっても、何をするの???

アメリカへ引っ越されたばかりだと、ピン電気ときませんよね。
今日は、ハロウィンの仕組みについて書きたいと思います。

ハロウィントリック オア トリートの仕組み ハロウィン
一軒家にお住まいの方は、子供たちがトリックオアトリートにくる可能性がたかくなります。
ご近所さんに、どれくらい来るか確認しておくのもいいかと思います。スーパーで、キットカットなどのキャンディーの袋を多めに用意しておきましょう。

31日の日没後、玄関の電気がついていれば、お菓子を用意しているという合図になります。子供たちが、その明かりを探しながら、訪ねてきます。トリックオアトリートと言われたら、
Happy Halloweenといってお菓子を袋にいれてあげましょう。

玄関の外で、椅子を用意して、座ってまっていてもいいですし、ノックがしたら、出てもOKですが、かなりの数の子供たちが回る地区では、玄関の外で座っていた方が楽かもしれませんね。

お菓子がなくなったら、玄関の外の電気を消しておけば、子供たちは訪ねてきません。お菓子は一人一つで大丈夫です。子ど達は、1時間~2時間かけて沢山の家を歩き回り、袋いっぱいにします。家のドアや、玄関をデコレーションしておくと、一段と雰囲気がでます。

注意することは、31日に外出する際は、玄関の明かりは消しておいてください。そうすれば、子どもたちは家へきません。

10月も、沢山の駐在員のご家族がシリコンバレーへいらっしゃっています。

11月、12月は、ホリデーシーズン。クリスマスや、感謝祭になると物件がすくなくなります。その前に、ぜひご希望に合った物件を探しましょう。

転勤が決まりましたら、シリコンバレー不動産までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です