小切手の書き方

こんにちは。
シリコンバレー不動産です。

アメリカへ赴任される皆さん、今までに、小切手を切ったことがありますか?
日本では馴染みのない、小切手ですが、アメリカでは、いまだに主流です。

賃貸契約の際の、敷金というまとまったお金を払う時のみならず、美容院、病院、光熱費の支払いなど、数十ドルから、気軽に使えます。

アメリカの銀行で口座を開いたら、小切手をオーダーしてください。自宅まで到着するのに1週間以上かかりますので、口座を開いた時に作っておくと、急に必要になった際に困りません。

そしてこちらが、実際のチェックです。

まず、右上DATEに日付を書きます。

この中央の2行がいちばん重要なところです!

まず最初はお金を送る宛て先。Pay to the Order of と書かれているところに書きます。

その右の$マークのところには金額を数字で。
そして2行目には金額を英語(文章)で書きます。

写真では$1234.56-ですので、
One thousand two hundred thirty four 56/100 ― と書きます。 セントの部分は、100分の〇〇というように記入します。

そして、この最後の━【横棒】が、重要です!

☆横棒は、欄の端っこまで、しっかり書き込むようにしてください。
 ━【横棒】がないと数字を書き足されたりする可能性があります。

例えば、$123.45 を  $123.456.78など。

一応そういった詐欺にあわないように、━【横棒】をしっかり欄の最後まで書くことを心得ておいてください。

最後はサインをして手渡しもしくは封筒で郵送すれば終わりです。(裏面には受取人がサインするので空欄に。)

この小切手、宛て先の人以外がお金を受け取ることはできないので安心です。

小切手の書き方ですが、ネットで検索するとほかにもたくさんでてきます。
(小切手(パーソナルチェック)の書き方など)
不安な方は銀行の窓口のひとに手伝ってもらってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です